罵州雑言

罵州雑言

その107 Japan Openとグラチャン


 

さぁ、皆の衆、今月末の29日と30日に開催される

W.B.S. Japan Open Pro Team Tournamentが告知されたよ。

我こそは!の自信と誇り、そして勇気をお持ちのアングラーの皆さん、

どうぞ挑戦しにいらっしゃいな。

http://www.wbs1.jp/pro-team/16939/

 

2018年の霞ヶ浦WBS Japan Openは、

昭和電機グループの協賛で昭和電機グループCUPと冠している。

昨年同様の優勝賞金は100万円で、上位2チームのチームリーダーは、

W.B.S.クラシックの出場権が獲得できる。

なんともおいしい話じゃないか! 指をくわえて傍観している場合じゃないよ。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

さぁ、狙うは一等賞の優勝だ。

昨年は草深幸範/柏木健作チームの優勝で幕を閉じたが、

今年はどんなチームが出場し、どんな戦いを見せてくれるか?

興味津々である。

 

Japan Openの二日目には恒例のグラチャンも開催される。

今回も素敵なゲストをお招きしているぞっ。

JB Top50プロの市村直之さんだ。

話題のism(Infinite Seeds Makers)のプロスタッフである。

 

 

 

で、な、な、なんと!

市村プロもW.B.S.のグラチャンOBであったことが判明だ!

昔話やismの新製品の話など、いろいろ聞いてみよう。

恐らく、新港で一緒に釣りができると思うよ。

 

思い返すと、W.B.S.のグラチャンから巣立って、

業界で功成り名を遂げているアングラーが多い。

大変に嬉しく喜ばしいことである。

 

グラチャンに出場しているジュニアの選手諸君も、

是非、切磋琢磨してバスフィッシング道を突き進んで欲しい。

もちろん、趣味としてズーッと付き合うのも悪くないよ。

 

 

Comments are closed.