いつかはアメリカ? by Pill Gates

いつかはアメリカ? by Pill Gates

No.58 Cranking

今月号のBASSERはクランクベイトがフィーチャーされています。   内容も濃いですよ。     んで、クランクベイトといえばクランキングですが、   これは実はクランクベイトに限 Continue Reading

Read more

No.57 Fishery

8月26日に終わったB.A.S.S.のエリート最終戦、   セントローレンス・リバーで初優勝したのは   ジョッシュ・バートランドという若いシトでした。   4日間で95lb以上釣って来たん Continue Reading

Read more

No.56 ウィルチェアー

こないだ、ウィルチェアー・ラグビーの世界選手権で、   日本がオーストラリアを破って優勝したというニュースが飛び込んできました。   実にメデタイことですが、   「ウィルチェアーって何?」 Continue Reading

Read more

No.55 ファックス

ある田舎の町役場の助役さんは英語が得意で、   「ファックス」という言葉は複数だと思っていました。   帽子の単数が「キャップ」で複数が「キャップス」   本の単数が「ブック」で複数が「ブッ Continue Reading

Read more

No.54 Back slide

W.B.S.の動画、カッコよく仕上がっていますね。   そういえばその試合で勝った出村・飯島チームのウィニングメソッドは   No sinkerのBack Slideセッティングでした。   Continue Reading

Read more

No.53 See と Meet

前々回にLook と See、ついでにWatch の違いをチラッと説明しました。   今回は同じようなネタで、   See と Meet についてチラッとご案内いたします。     Continue Reading

Read more

No.51 Look と See

Look と See どちらも「見る」という意味ですが、 ダテに違う言葉ではなく、 ちゃんと使い分けがあるのです。   Look は視線を動かして何かを見るということ。 違うところを見ている人に、「俺を見ろ」は Continue Reading

Read more

No.50 Washlet

Washlet   はい、ウォッシュレットです。   Wash と Toiletの合成語で、   もちろん日本語です。     言葉はともかく、   この機能が Continue Reading

Read more

No.49 Time とThe time

アメドリに行っていた草深プロと川村光大郎氏が先日、帰国しました。   その後、草深プロと話をする機会があったのですが、   予想通り完全にアメリカの魅力にやられていました。   「やっぱりア Continue Reading

Read more

No.48 Masters

いま、アメリカではゴルフのマスターズが開催されています。   選手の質の高さといい、コースの美しさといい、   世界最高のゴルフトーナメントです。   今年は日本人が4人も出ており、 &nb Continue Reading

Read more

No.47 Hay fever

はい、今回はいま最も旬なネタ、花粉症です。   英語では一般的にHay feverといわれます。   Hay は枯草のことです。   別に Pollen allergy ともいわれます。 & Continue Reading

Read more

No.46 Bump Board

バンプボード。   要するにメジャーです。 写真のモノはプラノ社製です。   アメリカで買ってきました。   アマゾンでも買えます。     このメジャーのいいところは、 Continue Reading

Read more

No.45 Slugfest

3月1日から3日にかけて、ミシシッピのロス・バーネットで開催される B.A.S.S.のセントラル・オープンは Slugfest になるだろう、と予測されています。 Photo:B.A.S.S. このSlugfest とい Continue Reading

Read more

No.44 Take a chance

今回はやっぱりB.A.S.S.のエリートに勝った大森プロの話題が旬ですね。 (photo: Seigo Saito/B.A.S.S.)   B.A.S.S.のプレスリリースを読んでみると、   あの爆 Continue Reading

Read more

No.44 Needle in the haystack

1月も後半になると、B.A.S.S.のサイトも活発になってきました。   カレッジシリーズやハイスクールオープンなどの結果も続々とUPされています。   んで、いよいよ2月1日からB.A.S.S.のイ Continue Reading

Read more

No.43 Hawg

Hawg というのは皆さんもお使いの   Power Hawg の Hawg です。   でもこの言葉は辞書には載っていません。   もともとは Hog なのです。   これが訛っ Continue Reading

Read more

No.42 A happy new year

みなさん、明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。   さて、今年もたくさんの年賀状をもらいました。 年々盛り下がっているような年賀状ですが、 年に一度の音信の人もいるので、 そういう人か Continue Reading

Read more

No.41 Pocket Dial

いやー、年の瀬も完全にフン詰まってまいりました。   今年ももうすぐ終わりです。   早いですね。   まっ、そんな感じでみんな齢をとっていくわけですよ。     さて、 Continue Reading

Read more

No.40  71-Year-OLD Angler

最新のB.A.S.S.のサイトに、   71歳のアングラーが   バスマスター・クラシックの最後の座席を賭けたトーナメントで   初日首位に立った、とレポートされていました。    Continue Reading

Read more

No.39 Moving day

Moving day とは一般的に「移動日」ですが、   スポーツの世界では別の意味に使われます。   例えば3デイとか4デイのトーナメントなどで、   最終日の前日がそう呼ばれます。 &n Continue Reading

Read more

No.37 MC

MCというのは一般的に   Master of Ceremonies   つまり司会者ということで理解されていますが、   他にも   Marine Corps とか Medica Continue Reading

Read more

No.36 Cap off

W.B.S.プロトーナメントもクラシックでとりあえず今年の全日程が終わりました。   選手の皆さんや関係した方々、お疲れ様でした。   台風などで若干混乱はしましたが、   まあまあ、うまく Continue Reading

Read more

No.35 Fizz a bass

皆様、クラシックお疲れ様でした。 なかなかいい試合でしたね。   さて、最近のフェイスブックで、 佐藤義和氏がナイスな情報をアップしてくれています。 https://www.facebook.com/yoshi Continue Reading

Read more

No.34 Little

いやー、オールスター、疲れましたな。 月曜は廃人で、なんとか本日、正気に戻りました。 まっ、盛り上がってよかったです。 今年はMCから解放されて、最高に気楽でした。   さて、話はコロンと変わりますが、 先日、 Continue Reading

Read more

No.33 Rain

先日のW.B.S.オープン・スキータージャパンカップは実に話題の多い試合でした。   草深・柏木チームの7kgオーバーのスコアも凄かったし、   2060gのビッグフィッシュも超デカかったです。 &n Continue Reading

Read more

No.32 Drum

最近のB.A.S.S.のリリースに、 エリートのセントクレア戦を勝った クリスティーの話が出ていた。   曰く 「Drum をいやになるほど釣ったよ」   んで、B.A.S.S.の解説が続いた。 Dr Continue Reading

Read more

No.31 Teach me

先日、無事に最終戦が終わりました。   いろんなドラマがありましたねー。   実に面白かったです。   んで、トーナメントに関して、皆さんが一番知りたいことは   どこでどうやって Continue Reading

Read more

No.30 A maxim

A maxim  つまり金言です。   さっきフェイスブックをチラ見していたら、   いいのがありました。   I appreciate the ones   that are t Continue Reading

Read more

No.29 Mind

今回のネタはMind。   はい、マインドです。   ジョン・レノンの名曲に「マインド・ゲーム」ってのがありますが、   いい歌ですね。   正確には Mind Games です。 Continue Reading

Read more