いつかはアメリカ? by Pill Gates

いつかはアメリカ? by Pill Gates

● Bullet train

Bullet train 要するに弾丸列車です。 bullet はバレットシンカーのバレットです。   んで、アメリカでも新幹線のようなものを作ろうとしているとか。 ニューヨークからサンフランシスコまでの新幹線 Continue Reading

Read more

No.21 Golden week

ただいま、ゴールデンウィーク真っ盛り。   天気もいいんで、皆さん楽しんでいることでしょう。   私は相変わらず酒飲んで原稿書いています。     ところでこのゴールデンウィークと Continue Reading

Read more

No.20 Pronunciation

Pronunciation…   ちょっと難しい単語のようですが、   要するに「発音」です。   アメリカでは和製英語を使っての混乱を避けることが大事なのと同じように、   発音 Continue Reading

Read more

No.19 Home Page

まあ、あんまり細かい話はしたくないんですが、   間違いは間違いってことで、ちらっと書きます。   世の中に勝手に解釈されている英語ってのは実にたくさんあります。   プロのアナウンサーなん Continue Reading

Read more

No.18 25-year-old

こないだのバスマスター・クラシックに勝ったのは   25歳のジョーダン・リー。   大逆転だったというのは前回、書きました。 Photo:B.A.S.S. んで、B.A.S.S.のリリースには &nb Continue Reading

Read more

No.18 Classic

B.A.S.S.のクラシック、終わりましたね。   大逆転で勝ったのは25歳のジョーダン・リー。   カレッジシリーズに出ていた人みたいです。   一気にメジャープロの仲間入りです。 &nb Continue Reading

Read more

No.17 Cut corners

バストーナメントでは、スポットの見切りが大切です。   粘るべきか、移動すべきか。   19日のW.B.S.第一戦でも、多くのチームがそんな悩みに苛まれたようです。   釣れないのでなおさら Continue Reading

Read more

No.16 Donut

いよいよ来週、W.B.S.の第一戦が始まります。   とても楽しみです。   グラチャンも盛り上がりそうで、ホント、ワクワクしてきますね。   んでアメリカではバスマスター・クラシックが24 Continue Reading

Read more

No.15 Co- Angler

前回のこのコラムでも触れましたが、   W.B.S.のトッププロ・小野光一プロのご子息、   将大クンがセントラルオープンでやってくれました。   ノンボーター部門で11位!    Continue Reading

Read more

No.14 Thank you

W.B.S.のトッププロ、小野光一選手のご子息が   B.A.S.S.のセントラルオープンに出るために今、   テーブルロックレイクにいます。   単身で渡米して宮崎友輔氏の協力を得て、 & Continue Reading

Read more

No.13 In a row

まだ始まったばかりのFLWですが、   マーク・ローズという人が二連勝したみたいです。   んでこの二週間で250,000ドルというビッグマネーを稼いだとか。   いやー、すごいです。 &n Continue Reading

Read more

No.12 LIQUOR

そこら中でピストルを売っているのに、   酒にはやたら厳しいアメリカの話、その2です。   実はこんなことがあったんです。   バスマスター・クラシックを観に行った帰り、   私は Continue Reading

Read more

No.11  LIQUOR

アメリカってのは実に奇妙な国で、   あれだけ犯罪が多いのに、酒には不思議なほどうるさい。     たとえば、アメリカの真ん中あたりにはDry County なんてのがあって、   Continue Reading

Read more

No.10  BAIT

「いゃあ、全然ベイトがいなくて、困っちゃったよ」   バスアングラーがよく口にする言葉です。   いわゆるベイトが密接に影響する釣りですから、当然ですね。   これ自体、何の問題もありません Continue Reading

Read more

No.9  AWARD

最近、テレビやラジオでAWARDを「アワード」と発音するのを聞きますが、   これがどうにも気持ち悪い。   なんで「アワード」なんて発音するのか分かりません。   いい給料もらっている(と Continue Reading

Read more

No.8 和製英語

バス釣りの世界に限らず、日本には和製英語がたくさんあります。   例えば、いまのOL(オフィスレディ)を昔はBG(ビジネスガール)   といっていました。   ビジネスガール、つまり商売女で Continue Reading

Read more

No.7 Top ten fishing lies

いやー、フィッシングショー前なので人並みに忙しいです。   ショーまでにコピーを仕上げろとか、昨日言われてもねー。   というわけで今回は面白いネタを見つけたのでそれでご勘弁。   千葉のあ Continue Reading

Read more

No.6 Fish

絶賛連載中のこのコラム、今回はちょっと趣向を変えてクイズで行ってみましょう。   問題 以下の文章はあるトーナメントレポートの一文ですが、間違ったものがあるとしたら、どれでしょう?  1  I have a f Continue Reading

Read more

No.5 Kazuma Izumi 後編

泉和摩さんは1987年から1991年までの4年間、B.A.S.S.のトーナメントにフル参戦しました。日本人としては初です。それを可能にした環境はいろいろあります。独身だったこと、資金力があったこと、2年目からはレンジャー Continue Reading

Read more

No.4 Kazuma Izumi 前篇

今回は実際にアメリカにチャレンジしたアングラーのお話をご紹介します。いままで、いろいろな方々がアメリカのトーナメントに参加しました。吉田幸二さんもその一人です。吉田さんは確か1987年から3年間、メガバックスに出場したと Continue Reading

Read more

No.3 Heavy Rotation

今回は和製英語の話です。   バス用語にもたくさんあります。   日本で使っていれば問題ないのですが、アメリカだとちょっと……   というのを一発。   「ヘビーローテーション」と Continue Reading

Read more

No.2 ダイハード

いきなり映画の話ですが、 みなさん、ダイハードという映画をご覧になったことがあるでしょう。 あのブルース・ウィルス主演のアクション映画です。 実に面白い映画です。   いまでは第6作まで出来ているようですが、  Continue Reading

Read more

No.1 クレーム

いずれ本場・アメリカのトーナメントを志向している人たちに向けての「ちょっとした英語」や「現場ネタ」をメインにしたコラムです。たまに脱線する予定ですが、どうぞよろしく。   んで、最初のお題は 「クレーム」 最近 Continue Reading

Read more