罵州雑言

罵州雑言

その512 第10回環境展

    本日は第10回土浦市環境展である。 朝から設営のために新治トレーニングセンター詰めである。 我等NPO水辺基盤協会がブースを出すようになってから、 かれこれ6~7回目となる。 最初の頃は(一社 Continue Reading

Read more

その505 昨日もバス釣り

    昨日は朝から釣りに行った。 新しいテスト用のルアーが届いたからね。 今日もガバッ・・・・・・かな? なんてぇことを想像しつつ車を駆った。 が、どこに行っても北東の強風で南岸は波がジャブジャブ。 Continue Reading

Read more

その504 楽ありゃ苦もあるさ!

    先日、久し振りに稲敷市の和田公園を訪れた。 キャンプ場やフラワーパークがあって整備された公園である。 が、キャンプ場はデーキャンプしか出来ないようである。 フラワーパークもこの時期は賑わってい Continue Reading

Read more

その502 第65回防塵挺身隊

    土曜日、65回目の防塵挺身隊が、土浦市蓮河原に出撃した。 今回は、約半年振りの蓮河原決戦である。   午前9時、総勢32名のボランティアのメンバーが、 霞ヶ浦河川事務所土浦出張所に集 Continue Reading

Read more

その501 沈水植物

    さて、本日は第65回防塵挺身隊である。 スケジュール通り、桜川河口部の蓮河原一帯の清掃活動である。   今回の参加者は32名で、霞ヶ浦河川事務所や霞ヶ浦導水工事事務所、 土浦市役所な Continue Reading

Read more

その499 ありがとう!

    昨日はルアーのテストで南水路まで遠征! 今の俺からすると、南水路ぐらいの距離でも遠征になるのだ。 なんたって片道に30分は掛かるからね。 往復で1時間はマジで遠征だ。 普段は15分ぐらいで到着 Continue Reading

Read more

その498 秋晴れだよ!

    昨日は釣りに行ったんだね。 でもね、釣れなかったからゴミ拾いをしたんだ。 釣れないときの憂さ晴らしってやつだな。   いや、いや、よく拾った。 と言うよりも、呆れるほどにゴミがある。 Continue Reading

Read more

その496 最終戦

    どうやら風も治まったようである。 三日間に渡って強い北風が吹いて、 さらに二日間これまた強い西風が吹いて、霞ヶ浦は大荒れに荒れた。 が、生き物たちの生命感は伝わってくる。 来る冬に備えての準備 Continue Reading

Read more

その495 移り変わり

    季節は巡り小池栄湖は変わる。 今はもう秋なんだなっ。   次に来るのは冬、冷たい木枯らしの吹く冬。 小池栄湖は眠りについたかのような静寂に包まれる。     &n Continue Reading

Read more

その494 発見!

    先日、久し振りに小野川に行った。 もちのろん、バスフィッシングにだよ。 確かに、小野川方面もタナゴ天国の場所があるのだが、 水温低下に水位低下だものバスフィッシングでしょ! てなことで行きまし Continue Reading

Read more

その493 稚魚放流

    昨日は、公益財団法人 日本釣振興会茨城県支部による クロダイの稚魚放流にスタッフとして参加してきた。 放流場所は大洗マリーナ、 ここから太平洋へと旅発つ稚魚たちを見送ってきた。 幼稚園の園児た Continue Reading

Read more

その492 元通りに!

    バス釣りをしていると、いろんなものが引っ掛かってくる。 特に、俺はその殆どがクランクベイトなので、 水底から引き揚げてくる物が多いのである。 バスなら願ったり叶ったりであるんだがね。 &nbs Continue Reading

Read more

その490 視力低下!

    爆弾低気圧・・・・・・台風みたいなもんで、 地上も水中も荒らし放題である。 そんな悪天候に見舞われることを、 バスたち水中の生き物は予め知っているのだろう。 それこそが生きるための能力、予知能 Continue Reading

Read more

その489 忙しくても魚釣り

    すっかり忘れていたよ、今日の更新。 慌てふためいて原稿を打ち込んでいる。   さぁ、10月だよ。 またしても、忙しい日々の始まりだよ。 それにしても貧乏暇なしとはよく言ったもんだ。  Continue Reading

Read more

その488 はためく国旗

    本日より10月、神無月だ。   NPO水辺基盤協会の霞ヶ浦事務所では、 ほぼ毎日国旗の掲揚をしている。 自らの愛国心の高揚と存在認識のためである。 自国を愛する・・・・・・それは国歌 Continue Reading

Read more