罵州雑言

罵州雑言

その177 今日も雨かい?

  ここ数日間、夕焼けを見ていない。 天気がこんなだから、仕方がないのかもしれないがね。 まるで梅雨が逆戻りしたようだ。 なんたって昨日なんて、朝8時の外気温が21℃だからね。 もちろん、水温も計ったよ。 こち Continue Reading

Read more

その176 実りの秋

  樹上の虫たちの声が地上に降りて来た。 いよいよ秋である。 セミの鳴き声からコオロギや鈴虫の鳴き声に変わったんだな。 地上部隊の産卵の準備が始まった。 秋だよ、秋。実りの秋だ!     実 Continue Reading

Read more

その175 魚釣りを楽しむために。

  半端ないっ! 今週になったらいきなり気温の低下である。 気圧配置が秋雨前線のようだとか、何とか言っていたな。 先週までの暑さが嘘のような様変わりに、 身体がヒ~ハ~言っている。 疲れやすい60歳オーバーだ。 Continue Reading

Read more

その174 子どもたちのこと

  またしても先日開催された子ども釣り教室での話題だ。 俺たちが開催している子ども釣り教室では、 参加資格として参加名簿に自分自身で、 名前と住所と年齢を記入することになっている。   これはどんなに Continue Reading

Read more

その173 楽しみながら学ぶこと。

  小さな池にもかかわらず、小さな魚にもかかわらず、 短い時間にもかかわらず、釣れた魚を手に持って、 こんなに嬉しそうな子どもたちの笑顔に出会える喜びは、 筆舌に表し難い。 これは体験したものだけが手にすること Continue Reading

Read more

その172 少し痛みが和らいだ

  8月の初っ端に車のドアに指を挟んだ。 先端の骨が折れたかな? と思ったが折れていなかった。 不幸中の幸いである。   が、それにもまして指先から溢れる血が酷かった。 噴き出るほどで止まらないのであ Continue Reading

Read more

その171 命あるもの

  相変わらず湖岸には死魚が捨ててある。 それをカラスやトビ、セキレイなどの鳥類が食う。 が、食いきれない部分は残す。 そこに蛆がわく。   この時期ならものの数日で蝿がたかって蛆がわく。 湖岸のコン Continue Reading

Read more

その170 怖い存在

  雲行きが怪しい。 この所、毎日のように雲行きが怪しい。 たぶん、暑さのせいだと思う。   夕方になると必ず、遠雷に遭遇する。 対岸の石岡方面や遥か栃木県方面に精乱雲と黒雲が発生し、 雲の隙間から稲 Continue Reading

Read more

その168 夏日

  朝夕は過ごし易くなった。 とは言っても気温は30℃を少し下回る程度。 だが、30℃を下回るので、真夏日を返上して夏日に改める。 ちなみに、25℃以上が夏日で、35℃以上だと猛暑日と言うんだそうだ。 &nbs Continue Reading

Read more

その167 秋が来たようだ。

  頻繁に釣りに行くのに伴って、気温や水温をマメに調べている。 俺のオカッパリ小物の中に、水温計も含まれているからだ。 フィッシュグリップ、プライヤー、カッター、シャープナー、 そして水温計である。 &nbsp Continue Reading

Read more

その166 マダニ注意報!

  オカッパリに頻繁に行っている。 必然的に草むらを抜けることになる。 それでも、なるべく草むらを歩かないようにしているが、 やむを得ず歩く時、素早く通過するようにしている。 それはマダニに取りつかれるのが嫌だ Continue Reading

Read more

その165 盆休み

  盂蘭盆会の送り日なのでお休みしました。 お墓までお見送りをしてきました。 あっ、午前中は戸崎辺りで小物釣りでした。 8月23日に霞ヶ浦環境科学センターで開催される 夏まつりでの子ども釣り教室用の魚集めです。 Continue Reading

Read more

その164 予定変更!

  ご先祖様のお迎え、無事に終えたかな? 明日はいよいよお見送りだよ。 あっと言う間に盂蘭盆会の期間は過ぎ去って行く。 ここ数年、茨城県の習わしに合わせて8月にお盆を行っている。 東京にいた頃は7月だったからね Continue Reading

Read more

その163 夏休みの思い出

  夏休み、霞ヶ浦も多分に漏れず釣り人で賑わっている。 多くの釣り人が訪れてくれるのは嬉しく、ありがたいことだが、 その分ゴミが増えるのは勘弁だ。 随分と少なくなった釣り人のゴミであるが、 まだまだ落ちているん Continue Reading

Read more

その162 ビフォーアフター

  台風11号の風、凄かったねぇ。 我が家方面では、雨はそれほどでもなかった。 が、風は結構吹いた。 それでも、少し離れた潮来や鹿島方面では水害になったとか。 風雨により被災された皆さんに、お見舞い申し上げます Continue Reading

Read more

その161 危険信号?

  今や霞ヶ浦名物にもなったアメリカナマズだが、 一つご注意を!   アメリカナマズを釣ったことのある人なら、 十分にご存じだろうが、コラーゲン風のヌルヌルね、 ラインやルアーについたら取り去った方が Continue Reading

Read more

その160 砂浜の効果

  台風11号は、日本の各地に大きな爪痕を残した。 特に、九州四国などの西日本地区では、 未曾有の大雨による水害を招いた。 被害にあわれた方々に、心よりお見舞い申し上げます。   台風襲来の前日と当日 Continue Reading

Read more

その159 ヒゲダンス!?

  車のドアに挟んだ人差し指は完治していないのだが、 釣りがしたくて釣りに行った。 風が強かったので濁りのエリアを避けた。 で、キャストを始めた。   さすがに右手では投げられなかったので、左手でキャ Continue Reading

Read more

その158 ファイトォ~百発!

  いや、いや、面白い。 アメリカナマズが相当に面白いよ。 なんたって、トップにガバッ! 水面でバッシャ~ン! 目視できるザバッ! いろんな出方でルアーに襲いかかるんだ。   身体の全身を出して上から Continue Reading

Read more

その157 短命ならばこそ……

  地上に這い出て1~2週間で寿命をまっとうしてしまうセミ、 その短い地上生活での営みは、子孫残すための繁殖行為だけである。 鳴いてメスを呼び寄せ、鳴いて合体し、そして死に行く。 ああ、無常、無情、無上……儚い Continue Reading

Read more

その156 飛行機と軽トラ

  霞ヶ浦で釣りをしていると、頭上をジェット機が飛び交う。 ゴーと轟くエンジン音が、 カミナリに似ているので気になって仕方がない。 百里基地の戦闘機と成田の旅客機が飛び交う霞ヶ浦上空は、 さながら空の交差点のよ Continue Reading

Read more

その154 自己防衛

  実るほど首を垂れる稲穂かな……実って来たよ。 青々とした田園風景が徐々に変わりつつある。 稲穂が膨らみ始めたのである。     グリーン一色だった田圃が稲色に変わりつつある。 やがて薄茶 Continue Reading

Read more

その153 アメリカナマズ

  一日が長い。 朝4時にキャストを始め、夜の7時まで釣りができる。 そう、一日が相当に長いのだ。 が、朝のうちは8時まででギブアップだ。 朝日が肌を焼き焦がすように射すからなっ。   夕方は16時を Continue Reading

Read more