罵州雑言

罵州雑言

その949 池の在来種って何?


 

来たる10月14・15日に開催されるWBSクラシック26の

プレスアングラー募集が告知されたよ。

どんどん応募して下され。

一緒に年に一度のお祭りを楽しみましょうぜい!

 

クラシック26・プレスアングラー募集!!

 

 

さて、話は変わって・・・。

バカなテレビ番組が流行っているもんだ。

池の水ぜ~んぶ干して在来種のお助けマン・・・的な番組だな。

 

あちこちで池の掻い掘りをして、外来種の排除や駆除とか、

在来種の保護とか、生態系の保存などと言って、

まさに正義のように振る舞っているけれど、

その実、何も判っていない連中が、泥んこ遊びがしたいだけで、

或いは注目をされたいがためだけに、

水を抜いてその池に作られつつあった生態系や、

在来の水生昆虫やプランクトンを殺戮している行為なんだな。

 

さらに言えば、ヘドロの堆積も経年による自然の一部であるんだから、

かい掘りに正当性を持たすなんてぇのは、とんでもない話である。

それを極々一部の生き物を救うためと言う大義を振りかざして、

その他大勢には死んでもらいます・・・的な掻い掘りなんざぁ、

百害あって一利なしだと俺は思うんだね。

 

確かに、ヘドロが溜まって大雨が降ると水害を起こす・・・と言う理由で

掻い掘りをするならどこからも文句や苦情が来やしねぇのに、

良い子ぶって能書きをこじつけるから腹が立つ・・・てぇことだ。

池だって昔のようにしっかりと管理運営されていれば、

ヘドロの溜まり具合も呆れ返るほどじゃねぇのよ。

 

昔日のように、数年に一度、池の水を抜いて掻い掘り祭りをして、

その時に捕らえた魚は食す・・・と言う一連の祭り的な活動が、

連綿と続いているのであれば、それはそれで管理されていると言える。

 

 

 

ところが、そんな話は一切ない。

出演者は得意満面の顔で池の水を抜き、外来種を捕獲している。

で、恐らく捕らえた外来種は殺されているんだろうなぁ。

最近の日本人って、不要に生き物を殺しちまう。

外来種を捕まえて、殺しているお前たちが実は外来種なんだぞ!

 

どうして仲良く暮らせないものだろうか?

狭い日本に辿り着いて、この地で生きて行こうと決心をした外来種に、

もう少し暖かい眼差しを向けても罰は当たらねぇよ。

そもそも、池なんてぇのは人間が作ったものだから、

そこに在来種なんてぇものは存在しないのであるがね・・・。

臍が茶を沸かすぜっ。

 

 

Comments are closed.